ファッションとお金

投資はクラファン・日本株について、ファッションはワーク・ミリタリー・トラッドをごちゃ混ぜな感じを書き記します。

MENU

不動産クラファン「Jointo α」ホテル案件の運用終了

先月末まで運用されたJointo αのホテル小樽駅前案件が終了しました。
結果やいかに?

【ファンド情報】

募集方式  :抽選
案件名   :アルファアセットファンド小樽駅
想定利回り :年利6.0%
募集金額  :125,000,000円
想定運用期間:6ヶ月
分配    :元利一括
配当原資  :インカムゲイン+キャピタルゲイン
劣後比率  :50%
運用期間  :2021/12/1~2022/5/31

出所:jointα HP

【結果】

無事に想定利回り通り約6%の分配でフィニッシュです。
振込は明後日6/8ですが、財産管理報告書が発行されたため確定しています。

【所感】

コロナ禍で一度延期された案件でした。
数か月を経て、「もう大丈夫だGO」とjoint αが組成・運用開始しました。

インカムメインの想定収支も公開され、稼働率45%程を目途に組成されました。
そして、劣後50%だったので固いとは思って応募したところ、運用開始の翌月には緊急事態宣言が発令されことで、元本毀損はないが、想定利回りは厳しいかなと弱気モードに。

しかし、蓋を開けてみると想定利回り通りの分配でした。
ただ、損益計算書を見るとキャピタルゲインの影響が大きく、そのキャピタルから税金関係も引かれていない感じで分配しているので、東証上場企業の力業感も否めずです。
(インカムと思われる租税公課項目はある)

この辺は全く分からんので税金は考慮しないのが通例なのかもですが、売買自体が内部取引っぽいので余計に変な感じです。
※HP上の募集ではホテルの賃料収入(インカム)が分配原資としか記載なしだったが、
 投資家との契約書には売却(キャピタル)も明記有

出所:jointα HP

気になるインカムの結果はというと、損益計算書を見ると想定の65%ほどだったので、恐らく稼働率は30%ほどだったと推察されます。

結果論では良かったとなりましたが、やはり今の時期はホテル案件は怖いです。

今後、コロナがある程度収束に向かったとしても、暫くは水物案件は控える気がします。

ただ、今回のように東証上場が母体・バックならばまた懲りずに参戦しそうな気もします・・。